パニック障害の人やその家族、友人に観てもらいたい映画『夜明けのすべて』の魅力

映画館内の座席 コラム

パニック障害を患っている人は日本に数多くいますし、家族や友人にパニック障害を患っている人もそれ以上に多くいるはずです。

そんな人たちにぜひ観てもらいたい映画があります。

2024年2月9日公開の、『夜明けのすべて』です。

パニック障害とPMS(月経前症候群)を抱える主人公の2人が恋人でも友達でもない特別な存在になっていくその物語は、心を温かくしてくれます。

この記事では、そんなパニック障害の人やその家族、友人に観てもらいたい映画『夜明けのすべて』の魅力について解説していきたいと思います。

『夜明けのすべて』はどんな物語?

『夜明けのすべて』は、『幸福な食卓』や『戸村飯店青春100連発』、『君が夏を走らせる』などの代表作品がある瀬尾まいこさんの『夜明けのすべて』(2020年)が原作となっている映画です。

主人公の女性(藤沢さん)は、月に1度大きなイライラ感に襲われる「PMS(月経前症候群)」を患っていましたが、転職してきたばかりのもう1人の主人公(山添くん)のある行動がきっかけで激しく怒ってしまいます。

しかし、実はそんなやる気がないだけに見える山添くんも、パニック障害を患い生きにくさを感じていたのです。

幸いにも優しい人たちの多い職場であり、支えながら過ごしていきますが、そんな中次第に恋人や友達でもない感情を2人は抱くようになっていくのです。

「自分の疾患は治せなくても、この人の辛さは助けてあげられるのではないか」とお互いが感じ始めます。

PMSやパニック障害の辛さが非常にリアルに描かれていて、2人にとっての深い闇(夜)であるといえます。

しかし、お互いの優しさがその闇(夜)を少しずつほぐしていくような、まさに「夜明け」を感じさせるような物語となっています。

主演はNHK連続テレビ小説で共演したこともある松村北斗と上白石萌音

パニック障害とPMS(月経前症候群)という病気を患っている難しい主役を演じるのは、松村北斗さんと上白石萌音さんです。

2021年11月1日~2022年4月8日まで放送され話題となったNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で夫婦役を演じた2人となります。

松村北斗さんの俳優としての魅力

氏名:松村北斗

生年月日:1995年6月18日(28歳)

出身地:静岡県島田市

身長:177㎝

所属事務所:SMILE-UP

所属グループ:SixTONES

松村さんは、アイドルでありながらも、第46回日本アカデミー賞新人俳優賞(『ホリック xxxHOLiC』)や第111回ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞(『カムカムエヴリバディ』)などの賞を受賞しています。

アイドルとしての活動を行いながら、この10年間で30本近くのドラマや映画に出演しているのです。

俳優としては、役に入り込むスキルが高く、わざとらしくない自然な演技が特徴です。

アイドルの人が演技をすると、どうしてもアイドルっぽくなってしまうのですが、松村さんが演じると彼がアイドルであることを忘れその物語の登場人物としか見れなくなるほどです。

上白石萌音さんの女優としての魅力

氏名:上白石萌音

生年月日:1998年1月27日(25歳)

出身地:鹿児島県いちき串木野市

身長:152㎝

所属事務所:東宝芸能

女優の上白石萌歌さんを妹に持ち、歌手としても活躍している上白石萌音さんは、日本を代表する女優さんの1人と行っても過言ではないでしょう。

NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』やドラマ『恋はつづくよどこまでも』など、数々の話題映画やドラマに出演しています。

主な受賞歴

・第7回東宝「シンデレラ」オーディション 審査員特別賞

・第38回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『舞妓はレディ』)

・第11回声優アワード 主演女優賞(『君の名は。』)

・第45回エランドール賞 新人賞

・第30回年間ドラマ大賞 主演女優賞

・第111回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『カムカムエヴリバディ』)

メキシコに3年間住んでいたこともあり英語も喋れて歌も歌手活動するほどに上手です。

そして演技力も非常に高く、数々のオファーがこれまでも、これからも上白石さんの元に届くことでしょう。

パニック障害を患っていない人にもおすすめ

この『夜明けのすべて』は、パニック障害とPMSという疾患にまつわる物語となりますが、そうした疾患と無関係で生きてきた人にもおすすめです。

物語としての素晴らしさはもちろん、今後長く生きていく中でパニック障害などの精神疾患を抱えた人と出会う可能性もありますし、自分自身がそうした疾患を患う可能性もあります。

この映画を見ておけば、そうした疾患に対しての理解度も深くなるため、将来に役立つ知識となることでしょう。

まとめ

今回は、パニック障害の人やその家族、友人に観てもらいたい映画『夜明けのすべて』の魅力について解説してきました。

2024年2月9日公開の『夜明けのすべて』は、松村北斗さんと上白石萌音さんという素晴らしい俳優がパニック障害やPMSの主人公を演じ、悩みを抱えながら互いの優しさによって支え合う物語です。

興味がある人はぜひ映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

きっと帰り道は心があったかくなっているはずですよ。

運営者プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました