パニック障害になりやすい人の特徴と対処法

夕暮れの海辺で一人海を眺めている コラム

パニック障害は突然の恐怖や不安感が襲ってくる病気で、日本では10人に1人がかかると言われています。

しかし、なぜ自分がパニック障害になったのか、その原因は何なのかを理解するのは難しいものです。

本記事では、「パニック障害になりやすい人」の特徴とその対処法について解説します。

パニック障害になりやすい人の特徴

遺伝的要因

パニック障害の発症には遺伝要因が関与している可能性があります。

パニック障害患者の近親者の発症率は一般人口の約8倍とされています。

双子研究では片側がパニック障害の場合、一卵性双生児ではもう片側の発症率が約10倍、二卵性双生児では約5倍と報告されています。

これらの結果から、遺伝的要因がパニック障害の発症に一定の影響を及ぼしていると考えられます。

また、パニック障害の発病の年齢は20~30代と若く、女性の方が男性よりも倍近い確率で発病すると言われています。

これは、ホルモンや生物学的、心理社会的な要因が関与している可能性がありますが、詳細なメカニズムはまだ完全には解明されていません。

参考記事:パニック障害って遺伝するの?|考えれれる要因とは

性格傾向

パニック障害になりやすい性格傾向として、「行動抑制」(人見知り・内気・はにかみ・引っ込み思案)や「メランコリー親和型性格」(内省的・配慮性・従順・素直・温和)が挙げられます。

これらの性格傾向を持つ人は、ストレスや困難な状況に対して適切に対処するのが難しく、パニック障害を発症しやすいと考えられます。

ストレス要因

パニック障害の発症には、直接的な要因ではないとされていますが、ストレスが関与してくることもあります。

具体的には喪失体験や心身の疲労が重なると、パニック障害を発症しやすくなるとされています。

特に、仕事や家庭生活のストレスが長期間にわたって蓄積されると、心身のバランスが崩れ、パニック障害を発症しやすくなると考えられています。

ストレスは、心の負担や不安感を増加させ、神経系や身体の反応に影響を与えることがあります。その結果、パニック発作や不安症状が現れる可能性が高まります。

パニック障害になりやすい人の対処法

パニック障害になりやすい人は、以下のような対処法を試してみると良いでしょう。

ストレスマネジメント

ストレスはパニック障害の大きな引き金となります。

日常生活の中でストレスを感じることは避けられませんが、それを適切に管理することが重要です。

リラクゼーション技法や適度な運動、趣味を持つなど、ストレスを発散する方法を見つけることが大切です。

適切な休息

心身の疲労が蓄積すると、パニック障害を発症しやすくなります。

適切な休息をとることで、心身のバランスを保つことができます。特に睡眠は、心身のリカバリーにとって非常に重要です。

質の良い睡眠を確保するために、就寝前のリラクゼーションや睡眠環境の改善に努めましょう。

専門的な支援を受ける

パニック障害は、自己管理だけでなく、専門的な支援が必要な場合もあります。

心療内科や精神科を受診し、適切な治療を受けることをおすすめします。

また、カウンセリングや心理療法も有効な手段となります。

パニック障害の発症を防ぐライフスタイル

パニック障害の発症を防ぐためには、日々のライフスタイルの改善も重要です。

以下に、パニック障害になりにくいライフスタイルを紹介します。

健康的な食生活

食事は心身の健康に大きく影響します。特に、ビタミンB群やマグネシウムなどの栄養素は、神経系の健康を維持し、ストレスに対する耐性を高めるとされています。

バランスの良い食事を心がけ、特に野菜や全粒穀物、魚などを積極的に摂取しましょう。

アルコールやカフェインの摂取を控える

アルコールやカフェインは、一時的にリラックス感をもたらしますが、過剰摂取は神経系に負担をかけ、パニック障害の発症を引き起こす可能性があります。

特に、カフェインはパニック発作を誘発しやすいとされています。これらの摂取は適度にしなるべく控えるようにしましょう。

メンタルヘルスのケア

心の健康を維持するためには、自分自身の感情を理解し、適切に表現することが重要です。

ストレスや不安を抱え込まず、信頼できる人に話すことで、心の負担を軽減することができます。

また、瞑想やヨガなどのリラクゼーション活動も心の安定に役立ちます。

パニック障害の治療

パニック障害は適切な治療を受けることで改善する可能性があります。

治療方法は主に以下の2つです。

薬物治療

パニック障害の薬物療法には、主にSSRIと呼ばれる抗うつ薬や、抗不安薬が用いられます。

これらの薬は、脳内のセロトニンという神経伝達物質の働きを調整し不安感を軽減します。

認知療法

認知療法は、パニック障害の治療に広く用いられる心理療法の一つです。認知療法は、パニック障害患者が自身の思考や信念、評価を見直し、負の思考パターンを変えることを目指します。

認知療法は、パニック障害患者が自身の思考パターンや信念を理解し、そこに根ざす負の感情や行動に対して積極的な変化をもたらすことを目指します。

治療の過程で、個別の課題や目標に合わせたタスクや宿題も取り入れられます。

まとめ

パニック障害は誰にでも発症する可能性があります。

しかし、その原因や特徴を理解し、適切な対処法を身につけることで、パニック障害と上手に向き合うことが可能です。

自分自身の心身の健康を大切にし、必要ならば専門的な支援を受けることを忘れないでください。

参考:受付からカウンセリングまでオンラインで完結
このサービスは、自宅からスマホやPCで全員が専門資格者のプロのカウンセラーに相談できます。

運営者プロフィール

コメント

タイトルとURLをコピーしました